発毛方法 > 発毛とシャンプー

発毛とシャンプー

シャンプーは、やり方によっては髪の毛に良い効果があったり逆に髪の毛を痛めたりすることにもなります。

正しい洗い方を知り実践しましょう。

シャンプーすることで頭皮の余分な皮脂を落とし、発毛しやすい状態にするために大切です。

まずは髪の毛をすすぎます。髪の毛には撥水性があるので、十分根元まで流してください。

すすぎをしっかり行うことで汚れの8割が流れるといわれています。

残りの2割は頭皮の油分汚れです。

次にシャンプーです。よく泡立てて根元の頭皮を浮き上がらせるようにやさしく洗います。

よく髪の毛をこすり合わせるようにして洗う方がいますが、それでは毛髪のキューティクルを傷つけてしまいバサバサの髪の毛になってしまうので避けましょう。

シャンプーは2回洗います。1回目は頭皮から汚れを浮き上がらせ、2回目で浮き上がらせた汚れを
流します。

また、マッサージするときのように爪は立てず、指の腹で指圧するように洗います。

シャンプーが髪の毛に残らないように、しっかりとすすぎ洗います。

お湯の温度は熱すぎると頭皮を傷つけてしまうので、少しぬるめのお湯で洗うようにします。

市販されているシャンプーのほとんどに「合成界面活性剤」が使われています。

洗浄力が強く頭皮の汚れはよく落ちるのですが、必要な皮膚バリアまでも破壊し、そこから原料の科学物質が入り込み薄毛、抜け毛の原因になります。そのため、原料に石油などの化学成分を使用せず植物エキスなどの天然成分のみを使った育毛・発毛専門のシャンプーも販売されています。