発毛方法 > 発毛と喫煙

発毛と喫煙

「喫煙」は発毛の妨げになる大きな要素です。なぜ喫煙が髪の毛によくないかというと、理由はたくさんあります。

タバコに含まれる有毒物質の種類がとてつもなく多いので、その分多様に悪い作用があるのです。

代表的な原因としては、ニコチンによる血管収縮が挙げられます。

血行が悪ければ毛根、毛髪に栄養が行き届きません。

また、喫煙による悪玉コレステロールの増加の増加も原因のひとつです。

毛髪は、ケラチンというタンパク質から構成されています。

さらにケラチンは18種類のアミノ酸から構成されていて、この一つにメチオニンというアミノ酸があります。

メチオニンはコレステロールを下げるという大切な働きをしていますが、喫煙による悪玉コレステロールの増加によって、それを低減するために大量に消費されるので不足となります。

そうすると髪の毛の栄養素になれず、毛球が痩せてしまうのです。

「喫煙」は、ファッションのため、ストレス解消のために用いられているようですが、健康に関しても発毛に関してもデメリットしかありません。

禁煙は思い立ったが吉日。思い切ってこれをきっかけにやめる決心をしましょう。

禁煙を達成するまではつらいかもしれませんが、その分浮いたお金を有効活用できたり、体質改善のためにもなったり、良いことはたくさんあります。ただし、あまり無理をしてストレスをためるのも髪の毛のためによくありません。最近では、禁煙外来などもできて、禁煙が以前より簡単になってきているといえます。色々と情報を集めて活用してみましょう。