発毛方法 > 季節と抜け毛の関係

季節と抜け毛の関係

季節が変わると気温、湿度など頭皮を取り巻く環境が変化します。

髪の毛が抜けやすいといわれている季節は秋(9月~11月頃)です。

この時期になると抜け毛が増えるといわれています。

髪の毛は毎日抜け落ちていますがその本数は一般的に50~100本ほどです。

それがこの時期になると200~300本も抜ける場合があります。

秋に抜け毛が増える原因として考えられることは、夏の紫外線です。

紫外線を浴びると頭皮が炎症を起こし、発毛、毛髪の成長を阻害してしまうために、秋に髪が抜けやすくなります。

つまり、秋の抜け毛を防ぐためには夏の頭皮と毛髪のケアが重要になってきます。

外出するときは帽子をかぶりましょう。紫外線を防ぐためです。

ただし、帽子で頭が蒸れてしまわないように風通しもよいものが良いです。

または、かぶりっ放しにせず、汗などを拭き取って清潔に保つことが大切です。

夏場はたくさん汗をかき、毛穴に皮脂もたまりやすくなります。

マッサージしながらシャンプーを施し髪の毛を清潔に保ちましょう。

シャンプー自体が頭皮に残らないようにしっかりとすすぎ洗いします。

洗浄力の高い合成界面活性剤が入っているシャンプーは頭皮に負担がかかる場合もあります。

秋の他に、春も抜け毛が多い季節です。秋や春など季節の変わり目は、頭皮も夏用の頭皮に変わったり、冬用の頭皮に変わったりするそうです。抜け毛が増えたからといってあわてず、髪の毛と健康に良い対処方法を試すことが大切です。慌てて使ったことのない発毛剤などを使って頭皮に合わなかったりすると逆効果になってしまいます。