発毛方法 > 発毛とコラーゲン

発毛とコラーゲン

美容のために注目されているコラーゲンですが、髪の毛に対しても発毛などの効果があるとされています。

コラーゲンはタンパク質の一種です。

髪の毛の成分もタンパク質なのでタンパク質を摂ることは髪にとって重要です。

髪の毛を構成しているタンパク質はケラチンです。

コラーゲンを摂ることで細胞の活動が活発になりケラチンの合成が進むと考えられます。

また、白髪対策にもコラーゲンが、効果があるといいます。

白髪は加齢やストレスがもとでメラノサイトの活動が止まり、メラニン色素が作られなくなることで起こります。

加齢によるものなので治りにくいものですが、コラーゲンを摂ることで実際に髪の毛に変化があった事例もあります。

頭皮は外側から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

毛髪はこの中の真皮の部分から生えているのですが、この真皮の主な構成成分がコラーゲンです。

そのためコラーゲンの新陳代謝が低下し、栄養素が十分毛髪に行き届かなくなると、髪の毛が細くなったり抜けたりしてしまいます。コラーゲンも発毛にとって大切な要素です。

コラーゲンは髪の毛だけでなく、身体全体のタンパク質の30~40パーセントを構成する重要な成分です。

コラーゲンはサプリメントで摂取する方法もありますが、なるべく食事から摂ることが基本です。コラーゲンが多く含まれる食品は、牛肉、豚肉、鶏肉、軟骨、ウナギなどです。牛すじ肉だったら100g中に32グラム、鶏皮は25グラム、軟骨には16グラムのコラーゲンが含まれています。