発毛方法 > 円形脱毛症

円形脱毛症

円形脱毛症は誰にでも起きうる病気です。

自覚症状はなく、ある日突然コイン大にはげている部分に気付いて発見するという場合が多いようです。

円形脱毛症とは、境目のはっきりとした脱毛斑が発生し、次第に広がっていくという症状が出ます。

脱毛斑が頭に出ることが多いですが、眉毛、まつ毛、体毛など全身の毛が抜ける場合もあります。

部分的にまとまって急に抜けるのが円形脱毛症の特徴です。

円形脱毛症の原因は、はっきりとは解明されていないのが現状ですが、精神的なストレスや免疫疾患、内分泌異常等が考えられます。

ストレスがもとで起こった円形脱毛症であれば、多くの場合半年程で自然に治癒するといわれています。

精神的なストレスが胃潰瘍を引き起こすことがよく見られます。

これは、ストレスによって血管が収縮し、その部分に栄養が行かなくなり細胞が壊死することが原因とされています。

これと似たようなことが、頭皮で起こってしまうのが円形脱毛症です。

しかし、円形脱毛症はストレスを感じたすぐ後に症状が出るのではなく、3~4か月たってから症状が現れます。

これは、髪の毛のサイクルと関係があるようですが、そのため、円形脱毛症になったときは、3~4か月前を振り返り強いストレスを感じなかったかを思い出すことが原因をつきとめるヒントになります。

ただし、原因がストレスでない場合もあります。内臓系の病気との関わりはないのですが、自分で判断せず、皮膚科の専門医に診てもらうことをお勧めします。円形脱毛症の回復のために、脱毛防止、発毛促進の効果をもつ塗り薬、飲み薬もあるそうです。髪の毛はすぐ伸びたり発毛したりするものではありませんが、根気よく続けることが肝心です。