発毛方法 > フケ防止と発毛

フケ防止と発毛

フケとは、頭皮から出る垢のことです。

頭皮は表皮、真皮、皮下組織の三層から成り立ちます。

1番外側の表皮の角質層という部分からフケが発生します。

皮膚は内側からどんどん新しい細胞が作られ、古い角質を外側に徐々に押し出すようにして移動し、フケとして落ちるのです。

フケの正体は角質層を構成する角質細胞の塊です。

フケは思春期頃から現れ始め、20代頃ピークを迎えます。

思春期頃は、新陳代謝が活発で新しい細胞が作られるサイクルが早い時期だからです。

また、洗髪回数が十分でないと多く発生します。

その他の原因としては微生物の働きによることが知られています。

その対処として昔から抗菌剤などが使用されてきました。

フケ防止剤の成分として次のような物質があります。

・ジンクピリチオン……抗菌剤。

・ピロクトンオラミン……抗菌剤。

・硝酸ミコナゾール……抗真菌剤。

・メントール……かゆみをおさえる。

・サリチル酸……頭皮のフケをはがす。

・コロイドイオウ……頭皮の過剰な皮脂を抑える。

フケがたまるとかゆみを伴います。

それで爪でかいてしまうと表皮のはがれなくていい角質層までがはがれてしまいます。

ひどいときは炎症を起こす場合もあります。

毛穴が皮脂にたまり毛髪の固着力が低下するなど発毛にも影響が出るおそれもあります。

シャンプーで余分な皮脂を落とす、かゆくてもかきむしらないようにするなどを心がけると良いでしょう。かきむしると頭皮を傷つけ、発毛も阻害してしまいます。
また、シャンプー自体がフケの原因となっていることがあります。普通のシャンプーには合成界面活性剤など科学成分がたくさん含まれています。これらが肌に合わなかったり、頭皮の余分な皮脂まで落としてしまったりすることがあるので、フケがひどいときはシャンプーを変えてみるのも一つの方法です。頭皮も肌と同じく大事にしましょう。