発毛方法 > パーマと発毛

パーマと発毛

パーマやカラーリングが抜け毛や薄毛の原因になっているという場合もありえます。

また、発毛を実践しているときにパーマやカラーリングをすることで効果を阻害してしまう場合もあります。

パーマやカラーリングは髪の毛にどのような影響を与えるのでしょうか。

薄毛になったからといって、ボリュームをもたせる目的でパーマをするのは危険です。

特にアレルギー体質の人などは注意が必要になります。

頭皮の炎症や毛穴の閉塞など、パーマに対して体が拒否反応を起こすことも少なくありません。

パーマ液が頭皮に浸透することはよくないことといえます。

カラーリングも同じです。カラーリングがもとで薄毛が進行する場合もあります。

その対策として、頭皮の回復手当をきちんとしてくれる美容室や、育毛している人のためのカラーリング剤などもあるようなので活用してみるといいと思います。

パーマのしくみは、髪の毛の繊維をつなげている「シスチン」というタンパク質をパーマ剤によって切ったりつなげたりするというものです。

第一剤の成分には、チオグリコール酸、L-システインなどが含まれています。

これらがシスチンの結合を切る働きをします。

そして第二剤には臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウムなどが含まれ、これらがシスチンをつなぎなおします。その他に安定剤やpH調整剤など、様々は科学成分が含まれているのです。パーマはチオグリコール酸の還元作用によって、物理的に髪の毛のケラチンを壊してしまいます。特に市販のパーマ液を用いて自宅で行う場合などは頭皮が傷みやすいものが多いので美容室に相談する方がよいでしょう。
発毛をしている人のためにはパーマなどはあまりしない方が良さそうです。