発毛方法 > 白髪を染める

白髪を染める

白髪染めには様々な種類があります。主な白髪染めの種類を紹介します。

・ヘアマニキュア……ヘアマニキュアは髪の表面を染める比較的簡単で手軽な方法です。

若白髪対策、部分対策に用いると効果的といえそうです。

メリットとしては短時間で仕上がること、髪の毛へのダメージが少ないことが挙げられます。

くし付きのものなど、使い勝手もよくスピーディーに染められます。

デメリットは、頭皮につけてはいけないことです。

そのため、根本の白髪などには使えないことが多いです。

頭皮によくないということは発毛にもよくないことといえますので注意して使い方をきちんと把握して使うようにしましょう。

また、髪の表面を染めるものなので色落ちが早いことなども欠点です。

ヘアマニキュアにも白髪用とその他のものがあるので、白髪用を探してみるとよいでしょう。

・白髪染め用の染毛剤……ヘアマニキュアと違い全体的にしっかりと染めることができます。

根本からきちんと染まり、色が長持ちするというメリットがあります。

デメリットとしては髪が傷みやすい、染めるのが面倒という点が挙げられます。

・ヘナ配合の白髪染め……ヘナとはインドなどに植生しているハーブで、実をすりつぶし、染料として昔から用いられてきたものです。

ヘナで染めるとオレンジに近く染めあがります。

そのため、髪の毛全体に白髪が進んだ場合にはヘナでは黒くは染まりません。しかし、ヘナは天然成分なので、頭皮に無理な負担をかけることがなく、自然に染まるのがメリットです。化学成分を使わないものは体にも環境にも優しいものだといえます。
化学成分の入ったものの中には、頭皮に良くないものなどもあり、発毛の妨げになる場合もあります。