発毛方法 > 老人性脱毛症

老人性脱毛症

老人性脱毛症とは、男女関係なく60歳以上の人に抜け毛・薄毛が見られる現象です。

ヒトは60歳を超えると、頭髪にかかわらず、体毛全体が薄くなってきます。

新しい細胞を作る力が衰えるからです。

男性型脱毛症とは違い、頭部全体に抜け毛・薄毛の症状が現れます。

進行には個人差があり、また、男性型脱毛症を併発することが多いといわれています。

加齢に伴う老人性脱毛症では発毛は難しいのでしょうか。

老人性脱毛症は、老化現象によって起こるものなので、男性型脱毛症に比べて実際に症状を止めることが難しい症状の一つです。

しかし、適切なマッサージや毛乳頭機能を活性化させるなどの対処によっては発毛の可能性はあるといえます。

毛乳頭は、毛髪の成長に必要な栄養素を毛母細胞に送り出し指令を出す役割があります。毛乳頭が存在する限り、髪の毛は生えてきます。

毛乳頭の働きを阻害したり破壊したりする原因としては喫煙や白髪を抜く行為などが挙げられます。

毛乳頭は血管から栄養素を受け取ります。喫煙は血管を収縮させてしまうので栄養が届かなくなってしまいます。

また、繰り返し白髪を抜いていると、毛乳頭を痛めてしまいます。1つの毛穴からは通常2、3本の髪の毛が生えてきます。つまり、1つの毛穴が傷つくとそこから生えている他の髪の毛にも影響が出ます。

毛乳頭の真上の部分には色素細胞(メラノサイト)と角化細胞(ケラチノサイト)があり、毛幹をつくっています。色素細胞(メラノサイト)のメラニン色素が髪の毛の色に関与しています。色素細胞(メラノサイト)が無ければ髪は本来白髪です。白髪であるはずの髪の毛にメラノサイトがメラニン色素を与えることで髪の毛は黒くなるのです。このメラノサイトの働きが弱くなると白髪が生えてくるようになります。