発毛方法 > 発毛しやすい体質をつくる

発毛しやすい体質をつくる

発毛とは、頭皮の状態を改善し、新しい髪の毛を生やすことをいいます。

具体的な方法としては、発毛しやすい体質・頭皮をつくる、発毛剤を使う、発毛サロンに通う、サプリメントを使うなどが挙げられます。

発毛しやすい体質とは、血液の循環がよく栄養が髪の毛の先まで行きわたる状態です。

日々の食事でバランスよく栄養素を摂取すること、睡眠をきちんととることなど、普段の基本的な生活を見直すことが体質改善につながり、発毛だけでなく健康のためにも大切な要素です。

特に体質改善において食生活は重要です。

自分が食べた物が自分の身体を構成するもとになるからです。

現代人の食生活は、肉類・脂ものに偏る傾向があり、メタボリックシンドロームなどが問題となっていますが、そのために血液の流れが悪くなり、栄養素が身体のすみずみまで届きにくい身体になってしまいます。

その状況は発毛にとっても好ましくありません。

まずは、髪の毛の構成成分であるタンパク質(卵の白身や鶏ささみ、納豆、豆腐等がよい)、また新陳代謝をよくするために欠かせないビタミン(野菜類)、ミネラル(海藻類)を意識して摂取するようにしましょう。

発毛しやすい頭皮・毛根の状態とは、余分な皮脂がなく清潔で、酸素補給できる状態が良いといえます。

頭皮の皮脂腺からは分泌物が出され、それが毛根にたまってふさいでしまいます。

頭皮の皮脂量、水分量を適度に保つためにシャンプー等を工夫することが大切です。

よく「シャンプーをすると髪が抜ける」などの理由でシャンプーを避ける人がいるようですが、それは発毛にとっては逆効果といえます。髪の毛はあるサイクルで自然に抜け落ちるようになっています。その抜けた髪の毛がシャンプー時に洗い流され、シャンプーのせいで抜けたように錯覚してしまうのです。
頭皮の余分な皮脂を落とし、マッサージ効果によって新陳代謝をよくするためにもシャンプーは必要です。